案内
`

クリニックで行える治療

整形治療

受けられる治療

美容皮膚科では、美的な悩みとしてシミ治療を提案していますが、外用薬や内服薬のみならず、注射器による注入法による治療も行っています。シミ治療に特化しているのがビタミンCと呼ばれる有効成分ですが、ビタミンCの場合には内服しても消化管から吸収されにくいため、治療内容を吟味する必要が挙げられます。例えば、美容皮膚科では点滴によって、直接血管に投与する方法が提案されており、過酸化水素の発生を介し、皮膚癌などの癌細胞のみにダメージを与え、免疫力の亢進など、皮膚細胞にまで働きかける治療にまで発展させることを可能にしています。しかし、注意すべき点として、ビタミンC点滴療法ではG6PD欠損症と呼ばれる疾患が見受けられる、あるいは疑われる場合には点滴治療を進めることは難しく、別の治療や療法によってシミにアプローチすることが提案される点に気を付ける必要があります。また、ビタミンCとプラセンタエキスを組み合わせた美肌効果を最大に引き出す点滴などでは、独特の香りがするなど、敏感な鼻の持ち主の場合にはニオイにも注意が必要です。

特殊機器や化粧品の提案

皮膚生理学に基づき、皮膚の健康増進をはじめ、スローエイジングやアンチエイジングにまで関与してくれるのが美容皮膚科であり、メスを使用するだけの外科手術とは異なり、美容施術を提案しています。美容目的となる治療メニューには、メスを使わない代わりとなる特殊レーザー治療や脂肪注入、さらに美容成分となるヒアルロン酸やボトックスなど、特殊な薬剤を注射器を用いり、患者の悩みや要望に添って提供しています。また、メディカルコスメタントと呼ばれる皮膚科医師の処方によって用いることのできる化粧品も使用、あるいは提供することも美容皮膚科ならではのメニューとなります。一般的な化粧品の場合には、効果・効能を謳うことは難しいものの、医療と美容に特化しているため、効果・効能において明白な答えを求められます。さらに、特殊な器具を使用し、皮膚に傷を残さないなど、皮膚小外科技術が行えるのも美容皮膚科の得意な分野と言われているため、傷を目立たせたくない部位の悩みなどの治療では、皮膚専門となるクリニック選びがポイントと言えます。