案内
`

皮膚科ならではの携わり

ドクター

診療科目の広がり

湿疹や皮膚炎、アトピーやイボなどの皮膚科一般をはじめ、アンチエイジング治療にまで携わるのが近年の美容皮膚科の特徴で、美容はもちろん、健康上の悩みや不安をカウンセリングし、適切な治療方針を患者目線で提案しています。美容皮膚科と一般皮膚科、さらには形成外科にまで診療分野を広げているのも、プチ整形を手掛ける現在の美容皮膚科のウリに繋がっています。また、整形術のみならず、巻き爪やほくろ除去手術、ムダ毛処理となるレーザー脱毛など、皮膚構造に左右される内容の診療に携わるため、女性患者数が多いイメージのあるクリニックにおいて、老若男女問わず、様々な患者が来院しているのも特徴の1つです。壮年性脱毛治療にまで手を広げており、脱毛外来までが展開されるなど、現代人の悩みを親身に捉えた診療を行っています。さらに、予約制を導入することにより、プライバシーに配慮するだけではなく、在籍する医師の性別を指名できるサービスも付加しています。女医や院長などが携わり、率直な意見の言い合いなどができるため、治療内容から仕上がりにまで満足できる内容です。

セルフよりも安全

皮膚科一般から整形術となる形成にまで携わる美容皮膚科では、女性の整形イメージが未だに根強く残っており、男性や子供、高齢者の方々の来院に結び付ける診療科目を増やす考えが話題性を高めています。副作用リスクの少ない漢方治療をはじめ、フィトテラピーと呼ばれる植物療法などを取り入れた代替医療などにも手を広げることにより、幅広い年代の男女が躊躇なく利用できる美容皮膚科を目指す考えです。求められる内容の治療や施術を提供する中でも、オーダーメイド治療に徹することにより、評判を集め、悩みを抱える方々の関心を集めて来院しやすい工夫も同時に行っていく見通しです。例えば、若い世代に来院してもらう工夫としては、ボディや耳にピアスホールを開ける施術を提案することにより、セルフよりも安全であることをアピールできる内容です。舌やヘソなどは皮膚炎などのトラブルを招きやすく、一般皮膚科にトラブルが起きてから来院するケースも非常に増えていることもあり、美的バランスを見極められる医師が関与することが仕上がりやトラブルを未然に防げる考えです。